NO! Scales 計量カップ&スプーンで作る簡単レシピ

計量カップ 1カップ=200cc/計量スプーン 大さじ1=15cc・小さじ1=5cc

スポンサーサイト

2011.05.18 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

生クリームあんぱん

2008.12.22 Monday 23:55
生クリームあんぱん
計量カップ 1カップ=200cc/計量スプーン 大さじ1=15cc・小さじ1=5cc
材料 8個分
・強力粉 2と1/2カップ
・ドライイースト 小さじ1.5
・砂糖 大さじ1.5
・塩 小さじ1
・スキムミルク 大さじ3
・バター 大さじ3
・卵&水 175cc
・餡子(市販) 500g入り1個
・生クリーム 200ml
・ケシの実 または 黒ごま 適量

生クリームあんぱん完成

基本のパン11.小麦粉、ドライイースト、砂糖、塩、スキムミルク、バターを入れる。





基本のパン22.卵+水の計175ccを(1)に入れる。






基本のパン33.捏ね機で10分ほど捏ねる。
捏ね機がない場合は手捏ねをする。
全体をまとめて、手に生地が付かなくなってきたら、小麦粉をふったまな板に、生地をこすりつけるように手前から向うにのばし、また生地をまとめて繰り返す。
10〜15分ほどの力作業になります。

基本のパン44.捏ねが修了したら、生地をピンと張らせるように一つにまとめる。





基本のパン55.タッパーなどの深めの容器に、内側に小麦粉をふり、生地を入れて一次発酵。
オーブンに発酵機能がある場合は40℃で90分ほど。
オーブン発酵がない場合は温かい場所で生地が2〜3倍に膨らむまで発酵させる。(冬はこたつの中や、クーラーボックスの中に熱湯の入った湯のみを入れるなど、工夫が必要かも。

基本のパン56.一次発酵修了。指に小麦粉をつけて生地にさし、穴が開いたままの状態だったらベスト。





生クリームあんぱん17.生地をまな板に移し、スケッパーや包丁などで8等分にして、写真のように生地をピンと張らせるように丸める。
乾燥しないように、ぬれ布巾をかぶせてそのまま15分ほどベンチタイム。
その間に餡子を、直径3cmくらいの大きさで8個丸めておく。


生クリームあんぱん28.ベンチタイムが終わったら、上から軽く生地を押さえつけてガスを抜き、円形にのばす。庵が片寄らないように、内側を厚く、外側を薄くのばすのがコツ。ケシの実や黒ごまなどでトッピングする。



生クリームあんぱん39.二次発酵。
オーブン発酵の場合、40℃で40分ほど。
オーブン発酵がない場合は、一次発酵と同じ要領で生地が1.5倍に膨らむまで。



生クリームあんぱん410.二次発酵が修了したら、乾燥させないよう、焼く前に霧吹きで水をたっぷりと生地や天板に吹き付けて、180℃のオーブンで20〜22分ほど焼く。




生クリームあんぱん511.焼きあがったら天板からパンクーラー(網など)に移して冷ます。
完全に熱が取れたら泡立てた生クリームを入れる。
※写真の、生地に刺してクリームを入れられるタイプのしぼり器は100均で売ってます。



昔市販でこういう商品ありましたよね。激ハマリの時期がありました。
この生クリームあんぱんは私の作るパンの中でも一番人気。
てか、誰が作っても「生クリーム」+「餡子」の組み合わせは間違いないと思う。

餡子は、だいたい500g入りパック1つを8等分にするとちょうどいいのですが、近くのお店で安売りをしているのがいつも1kg入りなので、餡が余ってしまいます。
なので余った餡子と生クリームに、あれば白玉団子やフルーツなどを一緒に添えてデザートに出す事も。キンキンに冷やして食べるのが好きです。
パン | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

2011.05.18 Wednesday 23:55
- | - | - | pookmark |


コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://1cup1t.jugem.jp/trackback/8

トラックバック